STAFF BLOG

鹿児神社に自転車で・・・おついたちのお参り

おついたち

皆さまこんにちは。第1日曜日ブログ担当の岡﨑紫津子です。

今日は1日『おついたち』。住まいも会社もある大津の氏神様「鹿児神社」に、日ごろの御礼を申し上げに主人と行って参りました。


(↑長い階段を上がると社殿があります)

高知市大津にあるSHU-HOUSEの氏神様である鹿児神社は、大津、高須、葛島全域の総鎮守として栄えてきました。

全国的にも北向きの社は例が少ないのですが、千年の昔、この辺りは浦戸の内海で船着き場が北向きだったため北向きに祀られたといわれています。

土佐日記に書かれた、承平4年(934)紀貫之が帰京の舟出に別離の宴をひらいた「鹿児の崎」とはこの社の境内だそうです。


(↑階段を上がって上からみたところ)

私は土佐神社のすぐ隣が自宅だったため、小さなころから遊び場は神社やお寺でした。

だからか、神社に行くと見守ってくださっているような安心感を覚えとても落ち着きます。

元気のないときは元気をいただいたり、ときには背筋が伸びるようなご神氣をいただいたりします。

 

今日はおついたちでしたので、主人の生まれ育ったこの大津という地に家族仲良く住まわせていただけていること、会社を経営させていただけていること。

働ける場所があること、働ける身体があること。こうした日々の感謝を申し上げました。

また、先日10月27日はSHU-HOUSEの18年目のスタートの日でしたので、こうして一緒に働いてくれる仲間がいること。いろんな事情があって辞めてしまったけれど全ての仲間にも感謝が尽きないこと。今の私たちSHU-HOUSEが在るのも、私たちに関わってくれた全ての方のおかげだと思っておりますので、その『ご縁』をいただいていることへの感謝を申し上げました。

 

フェイスブックにも書かせていただいたのですが、この17年間、良かったな~~とうれしく思うこともたくさんありました。

良くなかったなーと感じることもたくさん希望も見せてもらったし反省もいーーーっぱいしました!そして改善も。

これからもっともっとみんなでイキイキ輝けるSHU-HOUSEで在るように、常に考えること・変化対応していくことをやめないでいようと思っています🌸

まだまだ伸びしろたくさんの私たちですがどうかこれからもSHU-HOUSEをよろしくお願いします💗

あ・・・今日のお参りは、なんと自転車で行ってきました。久しぶりの自転車は疲れましたが気持ちよかったです!

途中、雨に降られましたが、禊ぎの雨だと思い「あ・・雨が・・」「濡れていこう」と走り続けました。
《知る人ぞ知る名台詞です・・古いケド》

おみくじは
『ながむればながむる花のあるものをむなしき枝にうぐいすのなく』
今の私の心境にぴったりの言葉をいただきました。

(この絵は私の大好きな草場一壽さんの~結び~イザナギ・イザナミです)
今から25年ほど前に、鹿児神社の宮司さんに、イザナギ・イザナミのことを教えていただきました。
そのころからこの二人の神が好きなので、草場さんがこの絵を新しく描かれたときはとてもうれしく、銀座にある草場さんの個展に見に行きました。

追伸
10月27日はシュウハウス工業の設立記念日で18年目のスタートでした💗
10月28日はSUMUSさんの設立記念日で6年目のスタート💛
10月30日はvio natural sweetsさんの7年目のスタート💛
10月31日は「にこっと」さんの3年目のスタートでした💛

お祝いごとが続くって嬉しいですね♪みんな頑張っています。
「vioさん」も「にこっと」さんも弊社で施工させていただいた、カラダと心が元気になれるお店です♪
SUMUSさんは企業が元気になれる会社です♪

 

娘と一緒に模様替えしたよの巻(Snow Manも喜んでる♡)

こんにちは。

第一日曜日ブログ担当の岡﨑紫津子です。

10月になり、日の暮れが早くなりましたね。気候も良くなり洗濯✨掃除日和で気持ち良いです✨

あんまりにも気持ち良いから、家の掃除を始めていると、どんどんやりたくなって、娘と一緒に娘の部屋の模様替えも行いました✨

動線がよくなり、見た感じもすっきり✨気持ち良い〜✨✨

中学生になると同時に勉強机は座卓に変えていたのですが、高校一年生になり今回、学校と同じ机を購入し、SHU-HOUSEのリフォーム事業部ONE’S REFORMで天板を部屋のサイズと部屋の家具の材質に合わせて作ってもらうことにしました🌸座り慣れた学校の机とイスで、きっとこれから勉強できるようになることでしょう💖

勉強のものと趣味のものをしっかり分けたし、、、勉強道具よりも趣味の棚のほうが断然多いですが、、、でも娘の大好きなSnow Manの雑誌やグッズも綺麗に飾ることができました💖きっと佐久間君と岩本君たちも喜んでくれていることでしょう。

私は学生の頃から模様替えが好きでよくしていたのですが、娘は整理整頓しかしたことがなく、今回のこの模様替えにいたく感動しています(笑

家を建てて18年目。昨年カグラスのイチオシソファを2台購入し、ダイニングテーブルも変え気分転換できましたが、今回のこの模様替えもすごく気分転換になって気持ち良いです✨皆様もぜひ模様替えしてみてください。模様替えでなんともならなくなったら是非ONE’S REFORMにご相談ください。

写真はカグラスソファです↑
座り心地&寝心地抜群♡大きなソファですが、高さがないので圧迫感もありません♡
なんと、カバーを外して洗えるのはもちろん、洗い替えのカバーの注文もできるのです。
今度は来年の夏用に白っぽいカバーを頼もうと思います♪

皆さんもぜひ、KAGULASのソファを体感にいらしてください。

それでは♪最後まで読んでくださりありがとうございました♪

《おまけ》
Snow Manは今年デビューした娘の大好きなジャニーズグループ。
家に帰ると、テレビはSnow Man。ダンス・歌・YouTube・ダンス・歌・YouTube・・・
もう口ずさめるほどいろんな曲覚えました(笑 洗脳されて行っているようです。
コンサート連れていかれる気がする・・・こわい・・・
佐久間君です↓

シュウハウスの大工さんって最高なんです♡

  1. 皆さまこんにちは。

第1日曜日ブログ担当の岡﨑紫津子です。

大型の台風10号が九州を北上中ですが台風への備えは万全でしょうか。

先日スタッフの佐竹も災害準備物の点検をしたとありましたので、

私も懐中電灯や電池、ろうそく、などしっかりチェックしました。

停電になっても灯りは何とかなるのですが、この時期エアコンや扇風機が止まってしまうと

熱中症の恐れも出てくるので、停電も含め被害が出ないことを祈るばかりです。

 

さて、先日の8月29日に大工さんとの大工会を行いました。

本当は、シュウハウスの協力業者会の皆さんとの業者会を予定していたのですが、

新型コロナウィルスのクラスター予防のため、大工さんだけにお集まりいただきました。

私たちSHU-HOUSEは

「前工程に感謝♡後工程に思いやり」というスローガンのもと

弊社スタッフ、大工さん、職人さん、業者さんが仕事に取り組んでくれています。

 

どういうことかと申しますと、「家」は、たくさんの人が関わって造り上げていきます。

自分の仕事がしやすいようにしてくれている「前工程」の方に感謝し、

「後工程」の方が仕事しやすいように思いやりをもって作業する、仕舞いをつける。ということです。

 

この気持ちをもって皆さん取りくんでくださるので、弊社の現場はかなりきれいだそうです。

《いろんな建築会社さんに出入りされている材料会社の方や職人さんに褒めていただけているので間違いないです(笑)》

これは特に棟梁(大工さん)の影響が大きく、「現場キレイ」を常に心がけてくれ、本当に感謝しています。

今でこそ、どの工務店も現場でのタバコは禁止、ヘルメットを被っての外作業が当たり前になっていますが、

15年ほど前は現場でタバコを吸ったり、ヘルメットを被らず外作業をする工務店がとっても多かったです。

でもそのころから、弊社では現場でのタバコ禁止や、ヘルメットのことなどコツコツ言い続けてわかっていただけるように努めてきました。

以前は、やっと浸透してきても新しくお仕事していただく業者さんはできてないこともあり、

そのための勉強会を定期的にするようになったのですが、今では上記のようなできて当たり前のことを話す会ではなくなりました。

 

前は、「SHU-HOUSEはこんな現場にしたい。ご協力をお願いします」という感じの発信型の会でしたが

数年前から、スタッフと職人さん、皆さんと一緒に考えを出し合っていく全員参加型の会にしました。

どうすればお客様に《喜び・満足・安心》をしていただくことができるか、

どうしたら自分たちの仕事に誇りをもてるか、

シュウハウスがさらに良くなるにはどうすれば良いか・・を一緒に本気で考えてくれます。

 

今回の大工会では

まず、「最近仕事で感謝したこと」を伝えあいました。

その中のひとつに、「上棟のときのお弁当」という声もあり、

上棟弁当をどんなものにしようかと考え、手配している私は嬉しくなりました♡

そして、そのあとグループに分かれて、

《理想の関係性》と《伸びしろ:課題》について皆さんと一緒に考えました。

こちらでは詳しくは書きませんが、どのグループからも出てくる課題は似たようなことが多かったです。

 

そして《伸びしろ:課題》具体的にどんなことを改善できれば理想に近づけるか、ということをみんなで更に深く考えました。

忙しい仕事があるなか、こうして集まってくださって

たくさんの意見(案)を出しあってくれて、本当にありがたいと感じました。

本気で一緒に考えだしてくれたこの案を必ず実行していこうと決意しました。

 

設立以降大工さんとともにここまで成長できたSHU−HOUSEです。

お家の完成の喜びを大工さんや職人さんとともに分かちあえるように

これから、もっともっと良い関係性を築いていきたいです♡

 

会の最後に、みんなで一言づつ挨拶をしたのですが、

いつも協力的で、大変な時は助けてくれて、

スタッフがまだ新人で迷惑をかけることがあってもあたたかく指導してくれる、

それだけでもとてもありがたいのに、その上なんと

《シュウハウスを愛してやまない♡》と伝えてくださったこの大工さんたちと

必ず一緒に幸せになる!って心に誓いました♡

腕も心意気も素敵で最高のSHU-HOUSEの大工さん♡

これからもさらに良い関係を築き、皆様のおうちづくりに全力を注いでいきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

わくわくが止まりません!!!

皆さま、こんにちは。

第1日曜日ブログ担当の岡﨑(紫)です。

長い長い梅雨がやっと明けると、暑い暑い夏がやってきましたね。

マスクをしている今年の夏は、いつも以上に熱中症対策が必要です。

私は、水分をいつでも摂れるようにマイボトルを持参していますが

明日からは、アイスバックも持って、頭寒足熱でいこうと思っています。

 

 

 

 

自分でできる熱中症対策を可能な限り気をつけて行っていこうと思っています。

みなさまもくれぐれもお気をつけくださいね!

 

さて、今日は高須倉庫の地鎮祭の様子をお伝えさせていただきます。

6月22日申の日の正午、氏神さまである鹿児神社の宮司さんにきていただき、

土地の神様にご挨拶させていただきました。

 

 

 

 

 

随分前に想い出のあるこの土地との新たなご縁に感謝して、まずは社長から。

 

 

 

 

 

続きまして、私・・・・

 

 

 

 

 

そして、お世話になっている素敵な税理士さん・・

 

 

 

 

 

大好きな仲間スタッフ一同、

これからのシュウハウスの発展を心を込めて祈りました。

 

 

 

 

 

1階部分は、大工さんの倉庫・刻屋と学舎。

2階部分は・・・。

社長の閃きとイメージが固まるまで今しばらくお持ちください♪

また、ご報告させていただきます❤️

 

シュウハウスの家づくりが、より一層皆さまのお役に立つことができるように、

スタッフがまたさらにわくわくできるように、

この場所での私たちの活動を楽しみにしていてください♪

 

会長・岡﨑洋一郎初めてのブログ【永遠の友、C・W・ニコルさんありがとう】

皆さん、こんにちは。

いつも私たちSHUーHOUSEのブログを見てくださりありがとうございます❤️

第一日曜日ブログ担当の岡﨑紫津子です。

今日は会長に頼まれて、『初めての会長ブログ』を代筆させていただきます。

初めての会長ブログは、先日お亡くなりになったニコルさんとの想い出を綴ったものです。

少し、長くなりますが、もし宜しければご覧ください。

 

************

アファンの森は、新緑に向けて草木が萌黄色に芽立ち、花の季節を迎える頃・・・。

2020年4月3日、突然ニコルさんの訃報を知った。

二ヶ月が過ぎた今も悲しみと悔しさを噛み締める。

何時も穏やかに話していた姿が浮かんでくる。

いつの日か、アファンの森を訪ねよう。

風そよぐ木立の中を歩き、可憐な野草の花傍で腰を下ろそう。

目を閉じると大きな体のニコルさんが笑顔で現れる。

時を忘れて、心ゆくまで彼と語り合いたい。

誇り高き日本人、永遠の友、C・W・ニコルさん。

ありがとう。

岡﨑洋一郎

 

************

コロナ対策で、令和2年5月はステイホームということで、今までとは全く違ったゴールデンウィークになった。

日本だけではなく、世界中の新型コロナウィルスの情報が毎日、新聞やメディアで報道され、1日も早く収束させるべく政府やその他の多面的な対策が主導された。

ゴールデンウィークの「G・W」という文字を新聞で目にするたび「C・W」と重なり心が締め付けられた。

30年あまりの親交が続いたC・W・ニコルさん。

大きな体、優しい瞳、紅潮した顔、酒を飲んでは熱く語り合ったこと等、想い出は尽きない。

私が捕鯨銃や猟銃のミロク製作所に勤務していた関わりからニコルさんと最初の手紙のやり取りが始まり、その後、ミロクの工場を案内した。以来30年余り、肩の張らない親交であったように思う。

土佐室戸では、勢子船(鯨捕り)の古式捕鯨で栄えた歴史があり、その絆で「キラメッセ室戸 鯨館」が開設され、ニコルさんは名誉館長を務めた。

又、夏季大学講師や、その他の講演等でも幾度となく来高されたが、その都度案内し、充実した時間を共に楽しみながら親交を深めることができた。

特に、初めて連れて行った私の小さな孫娘にも、大きな体で優しく馴染んでくれました。今でもその時の様子が、鮮やかにそして懐かしく思い出されます。

ニコルさんは、イギリスの南ウェールズに生まれ、17歳でカナダに渡り北極や野生生物調査、捕鯨調査等で知られています。

他にも日本での活躍ぶりは皆さんも周知のことと思います。東京での著書出版、そして日本国籍を取得。自然を愛し、自然を受け止め「日本の森の本来あるべき姿と環境づくり等、充実した生活を日本の子供達のために創りあげたい」と情熱を燃やし、生き生きと活躍の場を拡げて行きました。

「アファンの森10周年パーティ」には、室戸のキラメッセ当時より友人の多田運さんと西日本科学研究所の近自然河川工法で知られる福留修文ご夫婦等と参加し、楽しい記念写真を残している。

私は1939年2月生まれ。ニコルさんは1940年7月生まれで、1歳半ほど彼が後輩である。

4年ほど前、私が胃がん、彼が初の腸の初期がんの手術を受けたが、その時はお互い励まし合って養生。その甲斐あって共に体も順調に回復し、健康を取り戻した。

忘れもしない、2017年7月15日(土)室戸で二人が再会。嬉しくてお互いが全快を祝いあって思いっきり3日間を過ごした。恒例の「土佐室戸捕鯨船競漕大会」等のイベントにも参加。潮の香りを胸一杯にした私たちは青年のように高揚し、楽しく最高の交流ができた。

令和元年10月30日(水)東京にて<心に木を植える>と題した講演があり、社会人として東京で働く孫娘が喜んで参加し、ニコルさんと久しぶりの再会。その時、「令和2年のG・W頃に、家族でアファンの森と黒姫のニコルさんをぜひ訪問したいと父が言っている」と伝えたようだ。

このプランを孫娘たちと共に楽しみにしていたが、今年になり予期せぬコロナウィルスで状況が変わり、《期待のプランの延期もやむを得ないか・・》と思っている最中、突然のニコルさんの訃報に驚愕し、本当に心が滅入った。

この思いがけない別れは辛く淋しいが、溢れる程の思い出を残してくれたことに心より感謝している。

あらためてニコルさんとの写真や手紙、私の拙文等からピックアップしてみると、30余年間ためていた中には見つからないものもあり、思うように揃わず残念だが、この貴重な手紙や絵葉書等を整理しながら「大好きなニコルさん」との交流を幾度となく振り返っている。

令和2年5月15日 記

(この他にもまだまだたくさんのニコルのサイン入り著書は宝)

************

以上、会長からでした。

会長からこの手記を受け取って、今、読みながらブログに記していますが、会長の胸の内を知り、私まで淋しい気持ちが増してきました。同時に、ニコルの残してくれたたくさんの想い出がとてもかけがえのない、有り難い時間だったとあらためて感じています。


大好きなニコルと高校生の頃の娘

************

長文になりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございます。

初めての会長ブログは少し淋しくもあたたかくもあるものでしたが、又会長も登場すると思いますので楽しみにしていてください♪

 

最近の記事

  1. 2020.12.3

    時の流れ
2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

PAGE TOP