STAFF BLOG

スリッパの世界

今月は二度目ましての KAGULAS&リフォーム部兼任の片岡です。

二度目まして・・・ということで 21日のブログ( https://shu-house.com/blog/?p=26480 )とちょいと趣向を変えまして、最近KAGULASに仲間入りした商品を掘り下げてご紹介させて頂きます。

それは・・・帆布バブーシュ。山形県のスリッパメーカーさんとご縁があり、お取引きが始まりました。創業は大正8年。全ての工程を従業員様達が丹精込めて手づくりされています。そんな手仕事の工程をご覧いただきましょう。

① 裁断(パーツの型抜き)

 

 

 

 

 

 

年間100種類位のホームシューズを生産されています。型や生地、副資材などを入れると、500種類ぐらいのものを裁断しています。各パーツの数が合うように、様々な気遣いをしながら裁断作業は進みます。

② 縫製(平ミシン・袖ミシン・バインダー)

 

 

 

 

 

 

縫い代はわずか3~4mm。ほんの少しのズレで形がゆがんでしまうので、縫製の方たちはプロ中のプロです。どの世界でも職人さんはかっこいいですね!

③ 糊付け

 

 

 

 

 

 

器械はいたって単純構造で作業も簡単そうですが、とても難しい作業です。これが終わると、手で一枚一枚貼り合わせます。

④ 吊り込み(甲の形を作ります。)

 

 

 

 

 

 

吊り込みタイプの工程です。吊り込みタイプとは “足の甲”の部分と、底の部分の縫い目が内側にある、スリッパの“標準の形”のことをいいます。(逆は外縫いで縫い目が見えているタイプです。)熱を加えて形成し、冷やして型を定着させます。素材によって温度や時間を微妙に調整し、絶妙なバランスで形を作っていきます。

⑤ 縫製(八方ミシン)

 

 

 

 

 

 

吊り込みタイプの工程です。ホームシューズを作る上でなくてはならないミシン達です。分厚い底を慎重に縫い付けていく作業。プロの技の見せどころです。

⑥ 圧着

 

 

 

 

 

 

吊り込みタイプの工程です。吊り込みタイプの最後の工程に無くてはならない器械です。くるりと回って太鼓の革のような部分が膨れ圧迫すると、ポンと飛び出して台の上へ。

⑦ 検品・タグ付け

細かい汚れや糸屑を取り除き、タグや値札などを付けて箱の中へ。不良を見抜く鋭い眼が必要です。

そして、そして出来上がった帆布バブーシュがこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色とりどりで素敵ですよね。履き心地を表現するなら『ふっくら』土踏まずにフィットする感じです。ちなみに私は上段左端のターコイズブルーを愛用させて頂いております。お洗濯も可能なくらいじょうぶなんですよ。オシャレでメンテンス性がいいなんて素晴らしい👏👏👏職人さんが手仕事で作ったものは何か伝わってくるものがあり、愛着が湧きますね。これからもこういう気持ちのこもった商材を皆様にお届けできればと思います。

おまけ。。。。。

 

 

 

 

 

先日の高知うなぎブログで公約したとおり、成八さんにお伺いしました。最高!でした。うなぎを食べるとほんとに元気が出ます。思い込みかもしれませんが。。。今年の夏もうなぎパワーで乗り切りたいと思います。拙いブログにお付き合い頂き、ありがとうございます。

高知うなぎとダイニングセット

いつもお世話になっております。KAGULAS &リフォーム兼任の片岡愛です。

あと1ケ月ほど経つと、毎年恒例のあの素敵な行事がやって来ますね。そうです!『土用の丑の日』です。小さい頃は土曜日の牛なのにうなぎ?なんて思ってました。土用とは、五行(古代中国に端を発する事前哲学思想。万物は火水木金土の五要素から成るという説)に由来する暦の雑説だそうです。1年のうち不連続な4つの期間で、四立(立夏/立秋/立冬/立春)の直前約18日間ずつのことを示すのだそう。夏の土用の丑の日には『う』のつくものを食べるいいとされ、だから鰻を食べるようになったそうです。(うしでもあながち間違いではないよなぁ…)

鰻大好物人間・片岡プレゼンツ『私の好きな鰻屋さん3』をお届けします。

◉ うなぎ処 福(ふく)さん

ぬほぉ〜。最近、お初で伺ったばかりなのでまだまだ新参者ですが、最初に紹介させて頂きました。私が伺った時は県外ナンバーの車やバイクがかなり停まっていましたね。パリッふわっ系で、身の切り方が大きめですね。タレも甘すぎ辛すぎずでいい塩梅です。卓上の山椒はちょっとピリっとするのであんまりかけ過ぎない方がいいと思います。私がびっくりしたのは、付け合わせの肝吸いに入っている肝の量です。だいたい1肝吸いに1肝ですが、2肝入っていました(たまたまなのか)。。。

福さんのGoogle map

◉かね春さん

なんだか申し訳なくなりますねぇ。皆さん、お腹ぐーぐー鳴ってきたんじゃないですか?まぁ~多くを語る必要がないくらいの有名店ですよね。私はサービスで出して下さる茎わさびを乗っけて最後締める食べ方が好きです。人気店すぎて1時間以上待つのはマストなので後のご予定にはお気をつけ下さい。早朝に予約を取りに行くという技を使う方も多いそうです。

かね春さん Google map

◉成八(なるはち)さん

 

成八さんもパリッふわっ共存系で、ぼっちりな焼き加減。少し醤油が立っているので甘みの中にスッキリとした後味が残ります。上品という感じ。私の大好物の銀杏入り茶碗蒸しも嬉しい副菜です。明日のお休みは成八さんと決めております!

成八さん Google map

皆さんの好きなうなぎ屋さんもお聴きしたいですので、KAGULASに教えに来て下さいね。うなぎは 長い → 縁を繋ぐ・・・と縁起のいい食べものとしても有名です。縁を繋ぐと言えば、我らがカフェ・リアン(フランス語でご縁)も美味しいランチを準備しております。今週のまごこわランチは。。。

のり塩とり天(👏👏👏)最高に柔らかいのでご堪能ください!※副菜は画像と異なる場合がございます。

カフェ・リアンのインスタ

おまけ。。。。

先日、男性1人暮らしのマンションにダイニングセットをお納めしてまいりました。今までは2人掛けの小さな正方形のテーブルをお使いだったのですが、お友達が集うと手狭なので、お友達の為に大きなものに買い替えて下さいました。幅は150㎝なので、男性4人でもゆったりお過ごしいただけます。オークとウォールナットを組み合わせ、少しマッシブなコーディネートにしました。オークの節がかっこいい!

配送に同行して下さったマルチプレイヤー田内氏が帰りの車中で『あの椅子、いくらですか?かっこいいです☆』と絶賛して下さったのでガッツポーズでした。田内氏には強制的に御見積書をお渡ししようと思います٩( ”ω” )و

今月は26日にもブログ当番で登場する予定ですので、今回のネタに懲りずどうぞまたお付き合いくださいませ。ではまたまたです!

断熱リフォーム

こんにちは。ワンズリフォームの古田です。

工事中だった断熱リフォームのお家も完成しました。

片付いてなくて、ごめんなさい…

既存の鉄骨をキレイに塗装して、いい雰囲気になりました。

 

キッチンカウンターもタイルを貼っていい感じです。

 

お客様から、生活が始まって、今の季節では断熱の効果はわかりにくいけど、雨が降っても音が気にならなくなったとのお声をいただけました。

防音効果も高まり、生活が良くなったそうです。

工事をさせていただいてありがとうございましたm(__)m

 

 

 

 

愛犬カツオのそっくりさん、みつけました。。

 

佐川町 まち歩き

いつもお世話になっております。KAGULAS&リフォーム兼任の片岡です。

シュウハウスのみんなもGWにあちこち行ったようですが、私も高校の時からの親友たちと佐川町方面に出かけました。まずは腹ごしらえは佐川ではなく少し足を伸ばして、越知町の『麺や 倉橋』さんに伺いました。

ラーメン屋さんあるあるなポーズですね。汁なし担々麺は1人1食お願いし、チャーハンと餃子はシェアしました。

ほんとにほんとに、ぜ~~んぶ美味しかったです。担々麺に入っている温玉を潰してまぜまぜしてからの味変は絶品です!

倉橋さんの食べログ

腹ごしらえ後は佐川に戻り、古い街並みをぶらぶら🐾

儒学者 伊藤蘭林先生(富太郎さんと私の間に見える方)が教鞭を取った『名教館(めいこうかん)』に行き、子弟であった牧野富太郎さんとハイポーズ📸パネルが白黒だったので、それっぽくモノトーンに加工してみました。 小さな街なのに優れた人物が他にも多数輩出されているそう。佐川ってすごい!

名教館の前に位置する『佐川文庫庫舎』へ・・・(港湾工学の父と呼ばれる廣井氏のまねをしたのであって、倉橋さんの大将のまねをした訳ではない!)須崎警察署の佐川分署として山の方にあった建物を移築されたようです。警察だけに昔の警察官の制服が展示されていて自由に着ることができました。

3人が大好きな JO1のポーズを取り、ふざけまくる・・・残念なアラフィフ。ちなみに曲名はOH-EH-OH🎶

隣接する観光案内所の照明が素敵でした💡

佐川が産んだ牧野富太郎さんのふるさと館へ。冨太郎さんの生家・岸屋は酒造業を営み、なかなか裕福だったらしいです。早くにご両親を亡くされておばあちゃんに育てられたそうですが、なかなかの浪費家だったらしいですよ・・・とスタッフさんが教えて下さいました。偉人にも意外な一面ですね。

この後は牧野公園を1/3ほど歩いて挫折して、佐川名物・地乳牛乳のソフトクリームでひと息。

そして、まち歩きの後はお待ちかね(?)の・・・ナウマンカルストへ。

この子達と出会えてほんとうに良かったと思います。ここで全力でふざけるいい歳の大人は私達だけだと思います😢

今までは大正軒さんでうな重をいただいたら、サクッと帰ってきていた佐川町。本気出したら楽しいところをいっぱい発見できると思いました。佐川町はこれだけでは終わらないと思いますので、またみんなで行きたいと思います🚗

そうそう・・・佐川町にはシュウハウスの仲間がいるんですよ!佐川町一圓で素敵なおうちづくりをしたいとお考えの方は是非こちらをご覧くださいね。

K-HOUSEのサイト

◉ シュウハウスのインテリアショップ/KAGULAS(カグラス)では只今『父の日フェア』を開催中です。押しは、冷酒グッズです。

KAGULASサイト

今月も拙いブログにお付き合い頂き、ありがとうございました。来月も宜しくお願い致します。

 

旅先で発見!コンテナハウス

こんにちは、事務の吉村です。

他のスタッフもブログに書いていましたが、久しぶりに規制のないGWで遠出など楽しまれた方も多いのではないでしょうか?

私はGW中は近場でのんびり過ごし、GW後の連休で以前住んでいた街へ遊びにいってきました☺︎

 

さて、シュウハウスは貨物のコンテナを使ったガレージやアトリエの施工をさせていただいたこともあるのですが、

今回の旅先でも発見したので少しご紹介したいと思います。

まずは海の近くを歩いていたら発見

コンテナをいくつも組み合わせて作られているカフェ・レストランです。

よく見ると下の窓の部分が、貨物コンテナの扉というのがわかりますね💡

 

駅前の広場でも発見

ビアガーデンのようにお酒と食事と、ライブなどを楽しめる屋外のスペースなのですが

奥の方に見える黒い建物がコンテナを使った屋台のようなものになっていました◎

 

以前住んでいたところの近所の公園にあったコーヒースタンド(今は公園の開発でなくなっていました)

住んでいたころはよく通っていたのですが、そのときはコンテナということなどつゆ知らず。。

今になって見てみるとこれもコンテナやったがや、と発見です!

コンテナの無機質な感じに木のあたたかい感じが組み合わさっているのが好きです☺︎

 

 

カグラスの前にも貨物コンテナを使ったアトリエがあります。

フェイクグリーンの作業場となっているので興味がある方はよかったら覗いてみてくださいね 。

運が良ければクッキー店長に会えるかもしれません🐶

 

倉庫リノベーション相談会も随時開催中です◎

 ≫ 倉庫リノベーション相談会 

 

 

最近の記事

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

PAGE TOP