STAFF BLOG

☆もはや職業病(笑)

こんにちは、新築部 中村です。

先日、建具・家具の依頼をしています、ヤナギハラ工芸さんへ打合せに行ってきました。

昨今はドアなどの建具からキッチン背面収納など一般的に既製品と言われるメーカー商品を使う事が多いですが、

やりたい事によって1から制作をしていくこともあります♪

そんな時に、ヤナギハラ工芸さんへ頼んでいますm( )m

図面を渡しつつ、お客様の想いを共有させてもらいアドバイスをもらったりとしたあと、、、、

「こっち来てみて~」と作業場へ。

スゴイ!!スゴイ!!!

大きな機械がドドンと鎮座しておりました。

そんなに大きく見えないですが。。。

タタミ2枚分はある台の上で縦横無尽に動き回ってどこでもカットできるようです。

ディスプレイの幅が広がります♪

浪漫(笑) 歯車

910x910ボードによくよく見ると。。。

丸くくり抜くのを糸鋸などで大工さんが施工していた作業が

この機械で制限なく細かく加工ができるとの事!!

CADデータから変換するそうです。

 

休日、デザートやランチへ行った先でもどんなことをしているのかついつい見てしまいますね(笑)

お客様との打ち合わせはもちろんテンション↑↑楽しいですが、

納まりやデザインを見ていくのも、もしかしたらプライベートで一番テンションが上がる瞬間かもしれません(笑)(笑)

 

 

お家の骨組み

みなさんこんにちは!

新築事業部 阿部です。

寒い日が続きますが、皆様風邪などはひかれていませんか?

コロナも増えて来ているので、予防や、体調管理にもお気をつけくださいね!

 

さてっ!

タイトルにも書かせて頂きましたが、みなさんはお家の骨組みを見たことはありますか?

写真や、リフォーム番組などでご覧になったことがある方はこんな感じかな…とイメージできるかもですが、

普段は壁の中に隠れているので、実際に見たことある方は少ないかと思います。

 

お家の木も実は色々名前がついています!

構造にもよって少し変わりますが、使う所によって木の名前が変わってきます。

実際にお家が建ってくると…

こんな感じ!(屋根の上からですが…笑)

写真の中で、大工さんが持っている銀色のものは、屋根の下にくる断熱材です!

お家の中から見ると…

上のほうに銀色のものが見えますね!

壁には↓

SW(スーパーウォール)という断熱材を使っており、

冬は暖かく、夏は涼しいお家を作っています

詳しくは↓にも書いていますので、見てみてください!

https://www.shu-house.com/sw/sw2

っといってもなかなか高気密高断熱といわれても分からないと思います。

そんな時には構造見学会です!

1/23に大津で構造見学会を開催します!

https://www.shu-house.com/openhouse/22-01-23

 

構造や断熱材を見れる機会になっておりますので、ぜひご予約お待ちしております✨

 

 

楽しみな現場の進捗

皆様明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

新築事業部の田中です(^^)

年も明け、新年度も始まりましたが今年は暖冬という事もありすごく寒いということはないですが、

まだまだ寒暖差はありますので、体調管理を気をつけていきましょう!

さて、タイトルにもあるように現在工事中のお家を少しだけお見せしたいと思います。

まずはLDKです。

工事途中なので全体像が分かりにくいですが、開放的な吹き抜け空間に造作キッチンカウンターや小上がり畳スペースのある

とてもおしゃれな空間になる予定です!

ちなみに、家の中の壁を貼る前なのでスーパーウォール工法の硬質ウレタン断熱材が見えています。この断熱材と隙間のない施工をすることで住空間を快適にしています。

そしてこちらは玄関のアクセントにレッドシダーという木を貼るために、下地を施工した様子になります。

天井からの間接照明もあり、とてもおしゃれな玄関になります。

ちなみにレッドシダーとは、日本ではウエスタンレッドシダー(米杉)とも呼ばれますが、

多くはカナダやアメリカ北部が原産のヒノキ科のネズコ属の樹木になります。

特徴は狂いが少なく加工しやすい材質で、色合いや香り、優れた耐久性や断熱性があることです。

カナダの先住民はこの木で家屋やカヌー、トーテムポールなどをつくり、生命の木と呼んでいたそうです。

皆様も色々な素材やアクセントを取り入れ、自分だけの特別な空間を演出してみはいかがでしょうか(^^)

そしてH様、仕上がりを楽しみにして頂けたらと思います。

 

最後にイベントの宣伝をさせて頂きます。

1月23日(日)に高知市大津乙で構造見学会を開催させて頂きます。

完成してからは見るの事のできない柱や梁の構造、そしてスーパーウォール工法の断熱材や施工の仕方を見学できるチャンスですので、皆様お誘いあわせの上、是非お越しください(^^)

皆様のお越しをお待ちしております。

 

DIYで収納を作ろう!ウォークインクローゼット&カップボード

皆様あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願いします。

新年早々の1月1日の朝から釣りに行ってコケて手を4針ぬった工務の品原です。。

それでもおみくじ大吉でした。

 

年末に品原邸が完成し、お引渡しも終わったのですが、折角なので造作は大工さんに作ってもらうのではなく自分で日曜大工で作ることにしました。

自分の家を自分で手がけることで、より思い入れが出るかなと思ったからです。

という事で引渡し終わったあとの休みと年末年始は収納や造作を作ったり畑を触ったりと大忙しでした。

まず、今回我が家のキッチン背面のカップボードですが、キッチン家電を数えたら10種類以上あり、仕舞うと出すのが面倒になって使わなくなるのが嫌で、仕舞わずに置ける長いカウンターと高い収納力の可動棚を作りました。

材料は、「メルクシーパイン」を使用。タモやナラといった堅い木と比べて金額も比較的安く加工しやすく、塗ると高級感が出るんです。ただし、タモやナラと比べて柔らかいので傷がつきやすいですね。

手順はざっくり次の通り、カット→研磨→塗装→ニス(保護剤)→研磨→組み立てとなるんですが、きっちりやるとカットの後から組み立てに行けるまで2~3日かかってしまうので時短をする事に。

それがこれ

ブライワックス

着色~コーティングまで一発で出来る優れ物。色もクリアからかなり濃い色まで豊富にありますのできっとお好みの色に出会えるはず!ステイン系の塗料なので木目を生かした物向きですね。乾燥も15分ぐらいでできるので塗装後すぐ使えます

ただし蜜蝋で出来てることもあり熱と水に弱いので使う場所に要注意

これをカットして研磨したカウンター部材に塗って、布で磨きあげると

今回はラスティックパインという色を使ってワントーン落として落ち着いた色に仕上げました。

そして各部材を塗って、キッチンにぶつけないようにヒーヒー言いながら搬入し(20kg~はあるので)組み上げるとコンな感じに仕上がりました

長さ4.2m×奥行40cmのカップボードです。棚板も同じ部材で作り、幅も統一してあるので使い方次第で何処にでも使えるようにしてます。

こんな長いカウンター初めて作りましたが上手く出来て良かった!

そしてキッチンの物を妻に入れてもらってる間にウォークインに棚柱と棚板とパイプを取り付け収納を作成

 

柱をつけて

棚板を取りつけ…棚柱も受けも白で統一しました。棚板は妻がインパクトドライバーを片手に「森泉みたい~」と言いながら作ってくれました。なんだか家族で共同作業って楽しくていいですね。

そんなこんなでぼちぼちDIYで家を仕上げていってます。まだまだ他にもウッドデッキやら駐車場のコンクリート、カーポートなんかもやらなければいけないので無理せず楽しく作っていこうと思います。

子供のオープンキャンパスについて行っても構造が気になる私

あけましておめでとうございます✨

今年から毎月1日担当になりました、アドバイザーの山脇です。家のパソコン調子悪すぎて、スマホで地道に更新です。笑

さて、コロナ禍2度目のお正月となりますが、今年は少し動きやすくなりましたね。ただ、オミクロン株も拡大しつつあるので油断はできませんが、少しでも懐かしいお友だちやご親族とお正月を満喫できることをお祈りしております✨

さて、今日は、息子と一緒に行った専門学校のオープンキャンパスでのお話です。大阪の学校なので、コロナでなかなかオープンキャンパスにも行けず、見学も試験も遠隔で、一応合格はもらいました。

その後、合格後の特別試験があり、一緒に見学に行かせてもらったんですが、久しぶりの学校というのと、音楽系の学校ということで、私の方がテンション上がってました。笑

まずは何棟も立ち並ぶ大きい校舎ビルに圧倒されました!

そして、しっかりとした感染対策に安心。

遠くに行かせる親としてはこういうのが安心に繋がりますよね。

そして、息子が主に使うことになるダンススタジオ。

息子はダンス専攻なのですが、スタッフの方が一般人にはなかなかみることのできないレコーディングスタジオも案内してくださいました。

スゴーーーイ(o≧▽≦)ノ

ここで、関係のない私と中学生の娘がテンション上がってました。( *´艸`)

スタジオ出て、私が気になったのが、このレコーディングスタジオの防音構造。

おっ…。なんか分厚い。

角度を変えて…。

おぉーーー。空気層半端ないです!

近くに空港もあり、飛行機の音も入ってしまうのでかなりの防音構造になってるらしいです。

どこ行っても構造やインテリアがいちいち気になる私。職業病ですね。笑

…といっても、こんな設備、一般のお家でやることないので、細かいことはよくわかってないんですけど😅…また勉強します!

私が一度だけさせてもらったのが簡易の音楽室。

このオーナーさまは、ご家族でピアノやギターを弾かれたりするのですが、その音でリビングのテレビや会話の邪魔したくないということで、「完全防音」ではなく、あくまでも「リビングへの音漏れ軽減」という感じです。

壁には遮音シートなどを使い、音漏れを最小限にしています。ただ、窓があるとそこは遮音にならないので、外には音はある程度聞こえます。

防音にされたい方は窓なしにする必要があります。

リビングへの音漏れ軽減なので、リビングから続く音楽室への扉は普通の扉ではなくカラオケボックスなどで使う遮音性の高い特別な扉です!

これだけでも全然変わってきます!

このお家は見学会させていただいたのですが、音楽室で大音量でガンガンに音楽かけても、扉を閉めると全くと言っていいほど聞こえませんでした。

もちろん楽器の種類によっては振動などで聞こえることはあるかもしれませんが、会話やテレビの邪魔にはならずにすみそうです。

最近ではほとんどのお客様がスーパーウォールにされますが、スーパーウォールにすると話し声程度ならほとんど外には漏れませんし、飛行機の音もかなり軽減、前面道路を走ってる車の音も殆んど聞こえません。部屋同士の遮音は別途工夫が必要ですが、家の中と外ならある程度の遮音性能があるのでオススメです!

他にも、お家を建ててしばらくたってから、ピアノ室に改装工事したいというご依頼や、お子さまがダンスしてるので大きい鏡をつけたいなど、いろいろなご要望に対して対応させていただいてます。

我が家もリノベーションするときに鏡をつけようか悩んでんですが、結局つける場所がなくて、このガレージへの大開口サッシのガラスが鏡の替わりになってます。笑

 

このように、ご家族の趣味やお仕事などでいろんなご要望がありますが、どんなご要望でもまずはご相談くださいね☺️

↓ご相談はこちら↓

https://www.shu-house.com/contact/sodankai-2

✨おまけ

元旦は近所の山に息子と娘と初日の出を見に行ってきました✨息子は初日の出指差してるのではなく、初日の出の前でロックダンス踊ってます。笑

娘はイマドキ女子で映え写真撮影中👀📷✨

恒例のおせちづくりもなんとか終わらせました✨

最近の記事

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PAGE TOP